HOME > イベント / ニュース > 東日本大震災においての当館の状況報告

イベント / ニュース [全館共通]

世界のガラス館で定期的におこなうイベント情報、各館からの新製品情報など
お得な情報をお届けしています。

イベント / ニュース

東日本大震災においての当館の状況報告

3月11日に起きました東北地方太平洋沖地震において、福島県会津地方の猪苗代町では、震度6弱を観測、世界のガラス館では天井一部が崩落し、商品、什器等も3割程度破損を致しました。当時、営業中でしたが、お客様、従業員共に全員無事を確認致しました。


交通手段、物資、燃料、すべてが断絶し、余震にも見舞われ、大変厳しい状況にありました。さらに福島第一原子力発電所での水蒸気爆発が起こり、福島全土を揺るがす大事故に、従業員皆が不安に怯える毎日でした。


4月15日現在では、交通網も高速道路が開通、一般道も問題ありません。新幹線も福島~東京間で運転を再開致しております。高速バスも新宿~会津間が運転再開、物流や燃料、すべて平常どおりに戻っています。


当施設も天井の補修工事が完了し、営業再開の準備が整いましたので、4月17日から臨時営業を開始致します。

福島県においては、福島第一原子力発電所の事故により、観光地でも風評被害に悩まされております。当館がある会津地方、猪苗代町も例外ではありません。


福島県の企業、観光施設では、地震や原発事故の影響により、運営自体が困難になり、人員整理や閉店を余儀なくされている方々も多数おります。


当施設では、この度の災害の影響での人員整理は行わない方針です。猪苗代町は、福島県有数の観光地です。当施設も繁忙期には100人以上の従業員が働いています。皆が地元福島の人間です。皆に生活があり、皆が苦しんでいます。この状況だからこそ、皆で苦しみを分かち合いながら、当施設で出来る事、お客様に提供出来る事を、最大限努力して参りたいと思います。通常通りの営業ができる日を信じて、従業員一同、心を一つにし、お客様をお待ち致しております。


世界のガラス館 統括館長 成井 理人

お歳暮・お中元に最適

世界のガラス館で人気の商品がネットでいつでもどこでもご購入できます。